あれ。また、就活落ちた。

もう、どこに落ちたとは言わん。

年齢なのか、書類選考で、アウト。

めげていてはいかん。次探そう。でも結構なダメージ。

わんこが、いなくなって彼女のお世話しなくてよくなったぶん 手が空いたと言うのに…



そして、彼女はうちへ来た。

f:id:mmarycury:20170507182324j:plain

成長著しい。ダリア。

動物愛護協会から、彼女と車で帰る時、車中で、お漏らしされてはかなわないから、ダンボールに、タオルなど敷きつめて、そこに入ってもらおうとした。ところが、恐ろしいほどの勢いで、ガリガリと、ダンボールを駆け上がって、私の膝の上に納まった。ダンボールに対する嫌悪感が、伝わって来た。人間様の思い込みかとも思うが、彼女は、他の兄弟たちと一緒に、箱詰めにされて捨てられたのだろうと思う。

 膝に納まるとあっという間に、スヤスヤ寝入ってしまった。

 この時、この犬は、私達を、飼い主として認めてくれたのだろうけど。

家に着いた途端に、我が物顔で、そこら中を駆け回ったのだ。この時、犬ではなくで子猫かと思うほど、彼女は、小さかった。あの、魔女の宅急便のジジのような。

犬の話

彼女は、捨て犬だった。動物愛護協会で保護されていた。保護されていたとは言え、引き取り手がなければ、行き先が、決まっている。

夏休みに、捨て犬を欲しい人に差し上げる というイベントがあった。その頃小学生だった次女が、犬を飼いたがっていたので、イベント2日目に、夫と三人で、参加した。

既に1日目に多数もらわれていったらしく、残り組み10数匹が、愛護協会の庭で遊んでいた。引き取り希望者が全員での ジャンケンくじだったが、なんと、次女は一番を勝ち取ったのだ。そして、残り組みの中で一番小さいが、一番元気そうで 黒くて耳のピンとたった、彼女を選んだのだ。

子供の日

f:id:mmarycury:20170505205541j:plain 

ちまき、買いました。子供の日にはいつも買っていたもの。今年は催促されてきがついて、近くのスーパーへ。そしたら、「今日は子供の日なので、ちまき買ってくださった方には、紅白饅頭を、差し上げてます。」といって、紅白饅頭くださった。f:id:mmarycury:20170505205947j:plain 

定年65歳の、近くのスーパー。

また、行きましょう。


ぐんぐん、すくすく

f:id:mmarycury:20170505135024j:plain

暖かくなってきたせいか、成長著しい。

 犬が死んでも ペットロスとか、世間で言われるものなどにはならないわ…と思ってたのに。ロスまみれ。

もう一月半も経つのに。

そもそも、犬嫌いだったのに、敢えて飼うことになり、しぶしぶ付き合い始めてこうなった。


こんな子

f:id:mmarycury:20170504164305j:plain

その子は、こんな犬でした。

女の子、享年19歳。三年前からヘルニアを患って車椅子生活をしていました。

最期は重い腎臓病で、亡くなりました。

今頃虹の橋で、私を待っているかとおもいます。


すくすく

f:id:mmarycury:20170503091112j:plain

元気に伸びてます。


この土の下には愛犬が、眠っています。芽が出るとあの子の「気」が出ているようで、嬉しい。人間様の勝手な思い込みなんだけど。