読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そして、彼女はうちへ来た。

f:id:mmarycury:20170507182324j:plain

成長著しい。ダリア。

動物愛護協会から、彼女と車で帰る時、車中で、お漏らしされてはかなわないから、ダンボールに、タオルなど敷きつめて、そこに入ってもらおうとした。ところが、恐ろしいほどの勢いで、ガリガリと、ダンボールを駆け上がって、私の膝の上に納まった。ダンボールに対する嫌悪感が、伝わって来た。人間様の思い込みかとも思うが、彼女は、他の兄弟たちと一緒に、箱詰めにされて捨てられたのだろうと思う。

 膝に納まるとあっという間に、スヤスヤ寝入ってしまった。

 この時、この犬は、私達を、飼い主として認めてくれたのだろうけど。

家に着いた途端に、我が物顔で、そこら中を駆け回ったのだ。この時、犬ではなくで子猫かと思うほど、彼女は、小さかった。あの、魔女の宅急便のジジのような。