読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

神頼み

就活がうまくいきますように、と、近くの神社へお参りしてきた。

別に、神様の存在を信じてるわけではない。いや、むしろ立場上、神様はいませんと、いうべきなのだが。

祈るということ、と、神様の存在を信じることとは、別。

神様は、誰一人、同定したことはない。自分の内面にしか存在しないから。

草にも木にも石にも自分が神様の存在ありと思えば、そこにあり、そして祈れば 神様だ。

自分の魂を、投影する相手が、神様だ。

神社として特別にしつらえてある処は、だから、ありがたい。