猫の気持ちなどわからんが…

へいきち。は、向かいのハマさんとこにも、出入りしているらしい。あ、あいつな、よううちに来てるで。と、仰っていた。そういえば、ご飯ときには、どこかへ行く。いくつかの拠点があるのであろう。あの首ねっこあたりにカメラか、なんかつけて行方を、探り…

猫。へいきち。

シードの為に子供らが用意した寝床。でも、シードは、一度、試しに入ってみて小さいやん!てな感じで、二度と入らなかった寝床。彼女が、いなくなった後、捨てるに捨てられず、外のベンチに置きっぱになっていた。なんと、へいきちが、居座ってしまった。娘…

新しい仕事。

少々、グロッキー。 宿坊での、清掃と書いてあったので軽い気持ちで応募した仕事。しかし、普通の、ビジネスホテルの、ルームメイクであった。 洗面、バス、トイレの清掃は、まあ、日頃の延長なので、たいしたことはなかった。しかしベッドメイクは、かなり…

続き。科学論文。

ちょうど同じ時期に、私の最初で最後の論文が、投稿の運びとなっていた。指導してくださる方もいたし、それなりにデータには、そこそこの自信もあった。rejectされたと聞いた時は、まさか…と、やっぱり…の半々。致命的な、基本的な図の間違いがあったからだ…

休憩!

なーんだ?上から見たランチョンマットの上の青梗菜。自然の造形って美しいと思うけど瞬間。

科学論文

小保方さんのSTAP細胞発見の論文が センセーショナルに報道されて、そのあと、データが、ねつ造であったという曝露により、さらに、一層センセーショナルな事態として、展開された。4年前のことである。世界的に有名な論文誌に発表されてから、クレームがつ…

今週のお題「自己紹介」

自分がする場合だけど…自己紹介ほど嫌いなものはない。相手にはさせたい…かもしれん。サァ、自己紹介タイムという設定でやるのは、特に 好きではない。趣味も特技も特にない。賞罰なし。見ての通り。出身いうのも嫌出身大学いうのも嫌名前、特にない趣味、特…

今週のお題

お花見を楽しむ!ですと?散っちゃいました。1週間前5分咲きだから、週末にでも、お花見にいけるかと、たかをくくっていたが。あっという間に、葉桜に。よそ様のお庭も、花びらを、ハラハラとこんな感じ。良き風情。でも明日は、掃き清められているのだろう…

生きるもの

青梗菜に、穴が空いてる。まるい、のやら涙のつたった跡のような、のやら内側の葉にもやっぱり。濃い緑色の、丸い塊…どなたがいらっしゃるのか知らないが。おそるおそる葉をめくる。もう立ち去った後かしら…ふにゃっとしたものが、指にあたる。朝からさけび…

別れの時、春。

大学へ荷物を片付けに行った。構内の桜が、咲き始めていた。五分咲きというところか。大学の記念館の裏手のこの桜は、毎年美しかった。今年は満開の姿をみることはない。とはいえ、三年間休学した上での、今日。とうとう終わりかという、失望感は、さほどで…

シードアルバム

インスタグラムが、流行るわけがわかった。文を書かないぶんだけ、楽チン。シードが、腰を痛める前の写真。しかしこの頃はかなり腰が、悪くなっていたのか、なかなか二階まであがってこなくなった。こうやって、玄関先に、自分の居場所を、構えていた。そし…

彼岸

3月21日は、彼岸の中日。去年シードが、旅立った日でもある。雨。去年も雨だった。岡山まで、お墓詣り。 レンタカーにて。長年、盆と正月、春と秋の彼岸に墓参りしているが、これほどの雨にあったのは初めて。掃除もそこそこ。線香もすぐ消える。花を入れ替…

誤配達×アマゾン×JPそしてTMG

3月6日もう10日ほど前の、ことである。忘れてはならないと思いつつ、 書き留めておこうと思いつつ、今日になった。我が家に、宛名の違う茶封筒のアマゾン荷物が、ポストに入っていた。近所というほどではないが、同じ一丁目。かねて知ってる人なら、直ぐにで…

私の一人暮らし

大学に入り、関西に移動。まずは、大学の寮。四人一部屋。初々しい気持ちは、四月末まで。まだまだ、東大闘争の燃えかすが、地方の大学にも残っている時。反安保闘争は、大学管理法案(だいかんほう・スマホは、漢字変換してくれなかった。もう、燃えかすどこ…

手短かに

沈丁花の花💐咲きました。日曜日、遠出の散歩から帰ると…なんだか懐かしい香り。あら、沈丁花?たった一輪、蕾が開き、「咲いたよ。」と、言わんばかりに。たった一輪で、こんなに香るか…にほふ。かほる。と、記すほうがぴったり…

雛人形

今週のお題「ひな祭り」うちには、娘が二人いる。けれど、お雛段は、ない。雛人形といえば、結婚直前に夫が、私にプレゼントしてくれた、小さなお内裏様とお雛様の二人だけの雛人形。手のひらに乗るくらい。結婚して、次の年に上の子が生まれたけれど、雛人…

沈丁花のつぼみが膨らんできた

去年の暮れから、ボチボチと、膨らみ 少し色づきはじめていた沈丁花。もうあと少しかな。大学院に、通っていた頃は、二月にもなると、早々に咲いていたような気がする。大学の南門に、続く道は、日当たりも良かったからだろうか。道端で見え見えに、咲いてい…

悩み尽きない日々

詳しくは言えませんが。色々な、悩みを抱えています。断とつは金の悩み。でも、以前 北野タケシさんが、「色んな悩みの中でも金の悩みは、一番ましよ。」と言っていた。お金のある貴方だから言えることではないかしら…と、思っていたのですが、時々、そうか…

例の弁当箱。続き。

娘はNo problemと言って帰ってきたが。実は、ちょっと、困ったことが、一つ。開けにくい。戻った弁当箱を洗うために、開けようとして、四苦八苦。無理に開けたらバサァっと、中身が、弾け出しそうなくらい開けにくい。(幸い、中身が飛び出すような事態には、…

弁当箱

下の娘が、「お弁当要らない。」と言う。金欠なのに、外ごはん?と聞くと、「重たいし、嵩張るし…」お昼を抜くわけにはいかないでしょうということで、「じゃあ おにぎり。」となります。おにぎりだけでは、心もとないので、何か良い方法は…と考える。以前、…

信じられるか?67年も生きたなんて…

スーパーブルーブラッドムーンの日。誕生日。67回目にして、その年月を改めて考える。小さい頃は、宮下の橋の下から拾ってきたとか、言われていた。いつか、本当の母親が、迎えにきたらどうすれば良いのか真剣に考えた。どんな人だろう。お金持ちかしら?美…

あっという間に日々が過ぎ…

兄との突然の別れから一年。その日は火曜日、近くのスーパーの特売日。荷物抱えて スーパーのレジに並んでいると、携帯に電話。兄からである。すぐには出られず、折り返しかけることにした。コールするが、出ない。以前、兄から、電話があって、折り返しの電…

多分全ての受験生が、ひっくり返った日。

1969年1月19日奇しくも今日は、49年後のその1月19日。東大安田講堂事件。警視庁機動隊が、東大安田講堂に籠城していた全学共闘会議の、封鎖を解く。文字にすればこれだけなのだが、封鎖に至るまでには、壮絶な攻防が、繰り広げられていた。火炎瓶、催涙ガス…

踏んだり蹴ったり

喉が、痛いなぁと思っていたら、咳が、出始め、やがて熱。38度1分。久しぶりの38度超え。びっくり。夜中には、39度を記録した。ムスメ達に、うるさく言われ病院へ。 ぴぴっと、光をあてて、体温を測るやつを、使用。「36.4度やん」わたし大袈裟だったんです…

書き出したら爆発…

管理者から、そろそろ更新なさいませんか、とメール。来たわ。分かってるんです。気になってるんです。書く事、書きたい事が、たくさん。頭の中にほわほわと沸くのです。しかし 年末来時間があれば とにかく寝るという生活が、続いています。 朝、5時に起き…

親だったけど、親でなくなったんだ…

書くのも、迷う事実。長女が帰ってきて、買い物の袋をリビングのテーブルに置いていた。中身はパンだということは、わかるのだが、私はさらにどんなパン買ってきたのかと、いう好奇心から、袋をのぞいた。のぞくためにそれなりにかなり大きめに開けた。食事…

時々シード

この写真は、彼女が亡くなるほぼ一年前。車椅子で、元気に歩き回っていた頃の写真。こちらは、車椅子に乗るべく、待機中。腰から下の自由が、きかないので、後脚を前に投げ出し、前脚で、身体を支えている。どうしてもという時は、前脚だけで、いざって移動…

ヒイラギの花が、咲いたよ。その弍

散る散る…昨日、一昨日の風で、盛りを過ぎつつあった花々が、思い切りよく散った。お隣のガレージや、家の前の道路、散ってしまったら、花も、ごみ。慌てて掃除。しかし、中々片付かない。今日も、朝の道路掃除。でも、最後の花たちが、まだ、薫りをたててい…

時々シード

塾へ行く途中に通る商店街は、お買い得な物が、多々ある。青果も、魚類も、肉も、衣服も。薬も。お菓子もで、いつも、キョロキョロ…今日も、キョロキョロしていたら、お買い得品ではなくて、シードと同じような車椅子に支えられたミニチュアダックスフントを…

正倉院展を見に行きました。

これが、芸術なのかどうかは、少し判断に迷います。でも、この時期 毎年 新聞配達の方が、欲しい人に差し上げますと、無料券をくださるのだ。もちろん早い者勝ち。言ったもん勝ち。厚かましくも、三年連続当選。 昨日で、展覧会は終わったようだが、我々は、…