ヒイラギの花が、咲いたよ。その弍

散る散る…

昨日、一昨日の風で、盛りを過ぎつつあった花々が、思い切りよく散った。お隣のガレージや、家の前の道路、散ってしまったら、花も、ごみ。慌てて掃除。しかし、中々片付かない。今日も、朝の道路掃除。

でも、最後の花たちが、まだ、薫りをたてている。

お隣さんには、お会いしたら、ごめんなさいを言おう。暫くご辛抱いただいて…

 

時々シード

塾へ行く途中に通る商店街は、お買い得な物が、多々ある。青果も、魚類も、肉も、衣服も。薬も。お菓子も

で、いつも、キョロキョロ…

今日も、キョロキョロしていたら、お買い得品ではなくて、シードと同じような車椅子に支えられたミニチュアダックスフントを、見つけた。

思わず声を掛けた。緑寿ともなると、見知らぬ人に声を掛けるのに躊躇などない。


ヘルニアになったが、手術しても治らないと言われたという。ひょっとして、シードがお世話になった車椅子工房で 作られたのかと尋ねたら、そうです。と、返ってきた。


  車椅子のおかげで、三年以上、元気に走り回ってくれた。車椅子に、出会う前は、腰に、後脚用のハーネスを付けて出かけたが、わたし達もシードも、なかなか、ハードな、散歩だった。お互いの歩調が合わない。シードは、兎に角 先へ先へ、走る。私は中腰で追って行く。腰が悪いとはいえ前脚は、逞しい。中々その早さについていけない。

動物病院で、犬用の車椅子がある事を紹介され、探してみた。

外国製の、メカニックなものは、サイズアバウトでも、フィットするし、直ぐに手に入るという事であったが、7〜10万円かかるという。うーむ…

ネッとで、さらに探すと、近くで、一頭一頭のサイズに合わせて手作りして下さる工房を、見つけた。2〜3万円で、出来るという。ただ、注文が、多いので、三カ月待ちになります、と言われたが、そこはもう躊躇しなかった。我が腰の未来が、見えなくなりそうだったからである。

12月末に予約して 、出来上がって来たのが、3月3日。


装着して暫くは何がおきているのかわからなかったのだろう。きょとんとして動かない。そろそろと、前足を踏み出すと、"ん?"

自分の意志で歩いていることに、気がついたのか、タタタ…と、走り出した。速かった。急いでリードを、持って後を追いかけた。

それから三年、たっぷりお世話になった。


記憶は、薄れて行く。消えてしまわぬうちに書き残しておきたい。

ミニチュアダックスフンドの車椅子を見つけて、少し忘れつつあった事柄を、手繰り寄せてみた。



正倉院展を見に行きました。

これが、芸術なのかどうかは、少し判断に迷います。でも、この時期 毎年 新聞配達の方が、欲しい人に差し上げますと、無料券をくださるのだ。もちろん早い者勝ち。言ったもん勝ち。厚かましくも、三年連続当選。

 昨日で、展覧会は終わったようだが、我々は、11月2日に、観に行った。

 次の日から、正倉院展の、記事が、楽しみであった。

これ観たわ、これ良かったな…等々。

今年は何故かわからないけれど、昨年より、良い印象を持って帰ってきた。何が理由なのかはわからない…

伎楽の面、飲みにくそうな、長円形の杯、ハープもどきの楽器の原型、漆塗りを、施した鹿皮の鏡の容れ物。

帰りには、飛火野の鹿と紅葉 も、愛でた。f:id:mmarycury:20171114004405j:plain

満月に近い月を、添えて…

ヒイラギの花が咲いたよ。

f:id:mmarycury:20171109084138j:plainf:id:mmarycury:20171109092226j:plain

先月末には、沢山の蕾をつけていたので、もうすぐだと、思ってはいたが、6日の夜、咲いているのに気がついた。いっせいに咲いたようである。

独特の薫りは、好き好きかも知れない。この花木と出会った頃は、この薫りは、むせるようであまり好みではなかったが、いつの間にやら、気になり始め、今では、惹かれる薫りとなってしまった。

買い物から帰ってくると、この木を矯めつ眇めつ、ながめていらっしゃるご婦人があった。彼女は、お足が、不自由なのであろう、手押し車を支えにしていらっしゃった。

直線通りなので、遠くからずーっと見えていたのだが、なかなか立ち去ろうとしない。

  とうとう私は、家の前に来てしまってどうしても話をせざるを得なくなった。

彼女は、何回か家の前を通るたびに、そして 私の知らぬうちに、私がこの家のものであるということを、認識していらっしゃったらしい。

シードが、いるときは、朝夕の、散歩や、世話で行き交うひとと、誰彼となく良く挨拶をしたり、短い会話を、していたから、このご婦人とも、何回か挨拶を交わしたことがあるかも知れぬ。


もう咲くんですね。この薫りが好きなんです。てっぺんから、下の下まで、いっぱい花をつけてますね…などと、仰る。

この辺りでは 、うちのヒイラギは、かなり早く咲くし、もう少し北へ行った、西の角のお家は、我が家よりも半月ほど遅く咲くこと、とか

雨の前、後は特に薫り高くなることや、1週間ほどで、終わりになることなどなど…お応えした。

1週間なの…   毎日 通ろ…と、呟いて、立ち去られた。


二階の窓を開けると、家中に、ヒイラギの薫りが、飛び込んで来る。

小さな、贅沢な時間を、しばらくいただきます。



今週のお題

末娘のいたずら。

シードの写真。

野良猫の、昼寝。

誰もいない部屋で一人こたつ。

ヒイラギの花の香り。もうすぐ。

真夜中の、ビール。一人で乾杯。

ゆずの花の香り、実の香り。

33年前の、天声人語イエローサブマリン。(ひとにはわからない私だけの記憶)

母から貰ったちゃちな、ネックレス。いざ出かける時には、いつも一緒。


暗がりの中の盆提灯の灯。


娘たちの、遠慮のない大笑い。しょうもない事で、床を叩いて笑うんだ。

スマホで撮った母の寝相を、犬や猫に、しつらえて、LINEで送ってくる…






そうそうこんな事も…

テレビの話が続くけれど。

今度は CMの話。

高齢のお父さんが、家でゴロゴロしている。何もやることない…夢が無い、希望が、無いという感じでいると、娘らしい登場者が、叫ぶ。そんなことないやろ!と。

  で、お父さん、ガバッと起きて、まだまだ夢もやる事もあると、元気に仕事に向かうのだが、警備の仕事、清掃の仕事の二つが、後ろで、ピカピカしている。

一緒に、テレビを見ていた我が娘が、叫んだ。

年寄りは、警備の仕事と、掃除の仕事しなさいって言ってるみたいやな。

 高齢者に仕事を、と叫んできたけれど、こんな形で解消されたら、嫌だな。

警備の仕事にたいしても、清掃の仕事に対しても、社会意識的に、高齢者の仕事というイメージを植えつけるのは、如何なものか。難しいで。

高齢者には、清掃や警備の仕事しかできない、と いうイメージ先にありきではない?清掃や警備の仕事に、誇りを持って従事している人々に対しても、失礼な話。

 もう少し、繊細なCM作りをお願いします。



親切 ・余計なお世話・言うべき義務

夜の、ニュース番組で、新機能を備えたスマホの話が出てた。健康管理の能力があるらしい。 という事で、

 例えば、メタボ傾向のある所有者が、カツカレーを食べたいと、言うと、

カロリーから考えて、ただのカレーにしましょう…という、親切なアドバイスがあったりするんだそうだ。

よく出来てますね、というコメントの前に、MCの、お姉さんが「余計なお世話です。」と、のたもうた。「カツカレーを食べたいのだ。」

お!どうだ。この、コメント。

 カロリーは、○○○… です。とか、ただのカレーは、カロリーが、○○○…です。

ならば、所有者に判断を任せる or 考えさせるという事で、余計なお世話ではなかったかもしれないけれど。

   親切のつもりが、ときには、余計なお世話であったり反感買うことになったりする…。

 スマホにしてみれば、「言わなきゃ…」という義務、責任感もあるだろう。

これが生身の人間同士だったら一悶着あるところ。